収益認識の開示(表示・注記) : (2)「企業の実態」にもとづく注記の検討とポジション・ペーパー

2022-03-04 
 前回解説した3つのポイントの中で、最も重要なポイントは、収益認識基準では「開示目的」(基準80‐4)という考え方が導入されているという点です。
 今回は、「開示目的」を達成するために必要とされる「企業の実態」にもとづく開示の検討について、具体例を挙げて解説します。また、各企業がこれまでに作成したと思われるポジション・ペーパーの活用についても言及します。

Document

 Audit_revenue recognition note 2
Audit_​revenue recognition note 2