IFRS16 Seminar for Real Estate Leasing on December 19, 2018

Susumu MOTOYOSHI, Audit Senior Manager at Mazars WB Audit Corporation will hold a seminar on IFRS 16, with special focus on real estate industy.
2018年12月19日、金融ファクシミリ新聞社 セミナールームにてMazars WB監査法人 シニアマネージャー 公認会計士 本吉 進 が「リーシング担当者のためのIFRS16号「リース」」セミナーを開催します。

[English]

Mazars WB Audit Corporation Senior Manager, Susumu MOTOYOSHI will hold a seminar on December 19, 2018.

Topic: IFRS 16 Leasing for Real Esate

Place: Nihonbashi, Tokyo  

Cost: 25,000 JPY (27,000 JPY incl. tax) per head

        (23,500 JPY (25,380 JPY incl. tax) per head if more than 2 people attend) 

This seminar will be in Japanese only.

Please see the link below for more information:

https://www.fngseminar.jp/seminar/index.php?p=detail&num=3805

[Japanese]

第3805回 不動産リーシング担当者のためのIFRS第16号「リース」

日時:2018年12月19日 09:00~11:30

場所:金融ファクシミリ新聞社 セミナールーム (東京 日本橋)

参加費:1人目 25,000円(税込27,000円)2人目から 23,500円(税込25,380円)

【講演趣旨】 昨今、日本の上場企業にもIFRS(国際財務報告基準)の適用会社が増加しています。このことは、不動産物件のテナント顧客、しかもその中でも相対的に優良な企業がIFRS適用会社であることを意味します。そのような中、2019年から新たな基準である第16号「リース」の適用が開始されます。この基準は、将来のリース期間に支払うリース料の現在価値を負債に計上することを通じて、テナント顧客の財務数値に多大な影響を与えることとなります。 本講演では、大手不動産デベロッパーのIFRS導入支援などの実績を持つ講師が、上記のような環境下で今後のリーシング担当者が知っておくべきリース会計のエッセンスをわかりやすく解説します。

*本セミナーはすべて日本語となります。

詳細及びお申込みは下記リンクよりお願い致します:

https://www.fngseminar.jp/seminar/index.php?p=detail&num=3805 

Share